バカラの特徴とルール

.バカラとは、「バンカー(banker、胴元役)」と、「プレイヤー(player、客役)」の、仮想の二人による勝負で、どちらが勝つかを客が予想して賭けるゲームです。実際にゲームをプレイしているのは仮想の人物であるため、出来ることは予想することだけで、それ以外でゲームに介入することが出来ません。

 

ルールは、まず、下一桁の数字が、9に近い方が勝ちです。

 

カードの点数の数え方は、A(エース)は1点、2~9は数字通りの点数、10、J、Q、Kは0点となります。

 

3枚目を引く条件については、2枚の手札の合計点数の下一桁の数字によって、3枚目を引く条件が変わる。

 

ただし、プレイヤーとバンカーのいずれかの点数がナチュラル(8点か9点)の場合は両者とも3枚目のカードは引きません。

 

ゲームの進め方は、まずチップをプレイヤー側かバンカー側かタイの位置に置きます。バンカーはカードをプレイヤー側とバンカー側に裏向きに2枚ずつ配る。

 

プレイヤー、バンカー共にカードを表向きにして、「3枚目のカードを引く条件」に従ってもう一枚カード引くか引かないか決めます。

 

合計点数の下一桁の数字が9に近い方が勝ち。プレイヤーに賭けてプレイヤーが勝った場合、賭けた金額と同額の賞金を得ます。

 

バンカーに賭けてバンカーが勝った場合、賭けた金額と同額の賞金から5%の手数料を引いた金額を得ます。

 

タイに賭けて引き分けだった場合、賭けた金額の8倍の賞金を得る。引き分けの場合にはプレイヤーとバンカーへの賭け金は戻されます

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法