ブラックジャックのルール

ブラックジャックは、ディーラとプレーヤーが対戦するトランプゲームです。
トランプの合計が21に近い方が勝ちとなり、同じテーブルに何人のプレイヤーがいても相手はディーラー1人です。合計が21を超えてしまうことを「バースト」と言い、超えた時点でそのプレイヤーは負けとなります。ブラックジャックでは、トランプの数え方に特徴があります。1〜10までは、そのまま数え、絵札のJ、Q、Kは、10と数えます。A(エース)は、プレイヤーの都合の良い数字として1か11と数えることができ、途中で、切り替えることもできます。
ブラックジャックのルールは、まず、プレイヤーが賭け金を賭けます。次にプレイヤーとディーラーにカードを2枚ずつ配ります。ディーラーに配られるカードの1枚目は表向きですが、2枚目は裏向きです。そして、配られたカードに応じてスタンド(カードを追加しない)、ヒット(1枚カードを追加する)、ダブル(2枚カードを追加する)のアクションを選択します。
最期に、プレイヤーに追加のカードを配り終えた後、ディーラーに追加のカードを配ります。 ディーラーは16点以下なら必ずヒットしなくてはならず、17点以上なら必ずスタンドしなくてはなりません。この後、ディーラーとプレイヤーのハンドを比べて勝者を判定します。ディーラーが勝った場合はプレイヤーの賭け金を没収し、プレイヤーが勝った場合はプレイヤーが賞金を受け取ります。同じ点数の場合は引き分けとなります。なおブラックジャックには5種類ほどのバージョンがあり、ノーマル、サレンダー、パーフェクト、スイッチ、プログレッシブと呼ばれています。

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法