逮捕とは無縁のオンラインカジノ

オンラインカジノは日本において取り締まる法律がないと言われています。ギャンブルを取り締まる法律があるのになぜオンラインカジノに関しての決まりがないのでしょうか。
日本のギャンブルに関わる法律を見ていきましょう。

 

日本で賭博を取り締まる法律は185条から187条で定められています。
まず、「第百八十五条 賭博をしたものは、五十万円以下の罰金又は科料に処する。」とあります。

 

これはオンラインカジノが賭博にあたれば対象となるのですが、オンラインカジノはインターネットを通じてカジノサイトにアクセスして海外のサーバーでお金を賭けています。日本国内ではキーボードの操作をして海外のサーバーでお金が賭けられており日本の法律では裁けないので賭博罪に当たらないという意見があります。

 

次に「第百八十六条 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以下五年以上の懲役に処する。」とあります。

 

賭博場を開帳するというのは賭博する場所を提供することで、闇カジノであるインカジがこの法律に触れることになります。インカジが摘発されているニュースをたまに見かけることがあると思います。もちろんプレイヤーは関わらないようにするべきでしょう、摘発時にはプレイヤーも逮捕されます。

 

ここまで見てきましたがオンラインカジノを個人でプレイする場合は日本の法律には触れないことになります。今までオンラインカジノで摘発されたことはありません。安心して遊べるのではないでしょうか。

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法