オンラインカジノに関わる法律

日本での賭博は法律で禁止されており、認められているのは公営ギャンブルでけです。では、日本人が海外旅行に行った際にカジノで遊ぶことは法律には触れないのでしょうか。

 

刑法1条1項で刑法185条及び186条の罪は、日本国内において罪を犯したすべての者に適用されると決められており、日本人が海外旅行中にカジノでギャンブルをすることは適用範囲外となります。

 

オンラインカジノも同様で日本国内からインターネットでカジノサイトにアクセスしてプレイするため、国内ではキーボード操作のみで実際にお金を賭けているのは海外のサーバーとなり日本の法律の適用範囲外となるという意見があります。

 

また、日本の賭博罪は必要的共犯ないし対向犯とされているようです。相手方のない賭博行為は賭博として成立しておらず、オンラインカジノはまさに国内にプレイヤーがいて海外に主催者がおり外国では日本の法律は適用されません。そのため参加者のみが賭博しており、相手方がいないことになり賭博罪の適用にはならないのではないかとう意見もあります。

 

今後の動向によっては法律の解釈が変わり、キーボードの操作でも金品を賭ける行為として判断されて違法ということになるかもしれません。ただ、今のところそのような流れはなく、これまでに日本においてオンラインカジノで摘発された例はありません。つまり今のところオンラインカジノを合法であり安心してプレイすることができるようです。

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法