税金はごまかせないオンラインカジノ

オンラインカジノでの利益は課税対象となり、年末までに上げた利益を計算して税務署で確定申告をして税金を納める必要がありようです。これはオンラインカジノで上げた利益が一時所得となるためです。課税対象額を算出する計算式は

 

総収入 - 収入を得るための支出 - 特別控除額(年間最高50万円) = 一時所得

 

一時所得 ÷ 2 = 課税対象額

 

となります。

 

パチンコや競馬、競艇なども本来は税金を納める必要があるのですが、払戻金のお金が直接プレイヤーの手に渡るので証拠が残りません。納税しない人が多すぎて税務署が一人一人に対して納税の確認をするようなことは容易ではないため、お手上げ状態なのです。

 

それなら数十万人のプレイヤーがいると言われているオンラインカジノも納税しなくても問題ないのでは、と思われる方もいるかもしれませんが納税は必要なのです。オンラインカジノは全てインターネットでギャンブルをしており、配当を現金で出す場合は最近主流の代替決済口座か銀行振込、小切手とどれも証拠が残ってしまうものばかりなのです。

 

オンラインカジノで利益が出ているにもかかわらず納税しないようなことがあれば、税務署が動き出しいろいろ面倒くさいことになってしまいます。

 

オンラインカジノはジャックポットのような1億円を超える高額な配当の出るギャンブルもあり、ペイアウト率も相当高いため大儲けできるかもしれません。しかしそんな時でも税金のことは忘れずに確定申告をしましょう。

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法