オンラインカジノで儲けたら税金を納めよう

パチンコや競馬、競艇などギャンブルで利益が出れば税金を支払う必要があるそうです。オンラインカジノも例外ではないようです。ギャンブルでの所得は一時所得となり、一時所得の計算方法があります。計算式は

 

総収入 - 収入を得るための支出 - 特別控除額(年間最高50万円) = 一時所得

 

ここで出る一時所得から1/2が課税対象となります。

 

一時所得 ÷ 2 = 課税対象額

 

例をあげると200万円の収入があり、その収入を得るために要した金額が50万円だとしたら支出を引いて150万円が一時所得となります。

 

そして年間の収入がそのまま150万円であった場合、特別控除額の50万円が差し引かれて一時所得は100万円となり、課税対象は1/2なので、50万円を納税することになります。

 

パチンコや競馬などのギャンブルの経験がある人は納税したことはないかもしれません。直接お金をやりとりするギャンブルは証拠が残らない為に納税をする人はめったにいないと聞きます。税務署も人数が多すぎて手に負えない状況です。

 

しかしオンラインカジノは全てインターネットを利用してギャンブルをするので決済サービスや小切手など、どこかに受け取ったという証拠が残るようなのです。そのためオンラインカジノでは利益が出た場合には必ず納税しましょう。あとあと税務署から罰金を取られたくないですよね。

 

オンラインカジノは納税の分だけ損だと考える人もいるかもしれませんが、ペイアウト率は90%以上、高額配当など大儲けできるチャンスが多いのも特徴です。

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法