マーチンゲール法のデメリット

負けない投資法として知られているマーチンゲール法にもデメリットがありますので、そこを知っておかないと痛い目に遭う可能性が高いです。

 

まず、どのようなデメリットがあるかと言いますと、負ければ負けるほど倍額の投資になりますので、いつかは資金がなくなってしまいます。
そういった時に理論上は連敗する確率は低いとなりますが、一回ずつの勝負の確率はあくまでも50%であり、流れが悪いと連敗する事は珍しくありません。
例えば10連敗する確率は0.1%ですが、たまたま悪い事が重なって負ける事もありますので、大丈夫だと楽観視し過ぎない事が大事です。

 

もう一つ大事なのが、オンラインカジノも含めてマックスベットが決まっており、いくら資金があっても上限金額があるとマーチンゲール法が使えません。
500ドルが上限になりますと、9連敗後に必要な資金が512ドルであり、その時点で損失が決定し、そこでも負けたら膨大な損失になります。
負ければ投資金額が増えるマーチンゲール法ですから、次こそはとズルズルいくのではなく、諦めるラインを決めておくのも重要になるでしょう。

 

単純に勝率が50%と計算していますが、カジノでは控除率の問題もありますので、絶対に2分の1以上の確率で当たるとは限りません。
厳密に言えば50%に満たない場合も多く、負けない方法であるマーチンゲール法にも穴がこのように多いのです。
負けたくないために行なう投資法ですが、返って自分を追い込む方法にもなりますので、無理に利用する事もありません。

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法