投資法の王道であるマーチンゲール法

マーチンゲール法とは、多くの方が知っていると思いますが、負けたら投資した金額を2倍にして、再び賭ける方法です。
2倍配当のゲームに、今までの負けた金額を投入して勝ったら、賭けた累計金額が手元に戻って来るので負けないための投資法として知られています。
もちろんマーチンゲール法に向いているのは勝率が2分の1になるようなブラックジャックやルーレットの赤黒のようなイーブンベットのゲームです。

 

マーチンゲール法の投入金額としては、1回目1ドル、2回目2ドル、3回目4ドルと負け続ける度に倍に膨らんでいきます。
逆に利益の観点で考えますと、どの時点で勝ったとしても1ドルのみの利益となりますので、大きくカジノで勝ちたいという方には向いていない方法です。
とにかく少しでも堅く利益を上げたい、ゲームを楽しみたいけど負けたくないという人にお薦めな投資法と言えるのではないでしょうか。

 

負け続けると大きな損失になると思いますが、確率が2分の1のゲームに使われる方法ですから、よほど運が悪くない限り負け続けるは難しいのです。
2連敗する確率が25%、3連敗する確率が12.5%とどんどん半分になり、7連敗する確率は1%もありません。
しかも7連敗の時の投資金額64ドルで累計が127ドルとそれほど多くありませんので、理論上では負けない投資方法なのです。

 

儲け額が少ないマーチンゲール法ですが、さまざまなギャンブルや投資で利用されている王道の投資法になります。

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法