カジノ法案提出が意味するものとは?

カジノ法案が提出され、それが成立するまで、あとわずかともされています。 かつてから、日本にも作ろうとする動きは非常に強く、カジノ法案が提出される動きは随所にありました。 それによって、大きな景気回復を図る狙いもあるためです。 カジノ法案は正しくは「IR(統合型リゾート)推進法案」と呼ばれますが、2014年にはこれが提出され、 いよいよ法案が成立すれば、ついに日本にも誕生することになります。 また治安悪化につながると見る向きもありますが、むしろそれよりも大きな景気上昇につながることへの期待感 は非常に大きなものになっています。 では、なぜカジノ法案が提出され、それが成立し、日本にも誕生すれば、景気が回復するのでしょうか? その答えは非常に簡単で、日本では余暇に対する出費で最も大きなウェイトを握っているのがギャンブル関連で あり、ギャンブルに使うお金が多くなればなるほど、お金が世の中に良い形で循環するとされているためです。 もちろん、ギャンブルに使うお金が増えるということは、景気の低迷で財布の紐が硬くなっていた中で、その紐 が緩み、お金を使うようになることも考えられます。 さらに、日本にカジノが出来れば、海外からも観光客が増加し、多くのお金を落としてくれる可能性も大きくな るのです。 このように、お金の巡りを良くすることで、より一層景気の回復につなげられる…それだけの大きな効果がカジ ノには期待されています。 この法案の提出はそれだけ景気の回復に大きな影響を与えるといえるのです。
 

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法