カジノ法案と関連株の今後に注目

カジノ法案と関連株の今後に注目

自民党や日本維新の会などの超党派の国会議員で作られているカジノ議連が、2013年12月6日の臨時国会
最終日を目前に、IR推進法案を提出したようです。
日本では、すでに関連株の動向は投資家の間で注目を集めており、すでに高騰していますよね。
今までに何度も頓挫しているので、関連株からは、まだまだ目を離せません。

 

もちろん投資家でなくても、賛否両論ある日本では、2014年1月に召集される通常国会での審議も注目を集
めるのではないでしょうか。
青少年の育成に悪影響を与えたり、多くの債務者を生み出してしまう可能性などの指摘も多くありますよね。

 

しかし、現在の日本では、カジノに対して機運が高まっているようにも思えます。
理由のひとつには、安部政権のアベノミクスの成長戦略のひとつとしてカジノの誘致があるのではないのかとい
うこと。

 

カジノの誘致ができれば、国はかなりの税収が期待できることになりますよね。
それに、雇用を増大することもできるし、それによって観光客が増えると、経済を好転させる起爆剤にもなりえ
ます。
デメリットがある反面、国や国民にとってのメリットもあるんですよね。

 

カジノ本体だけでなく、ゼネコンやホテル、警備会社などのそれによって仕事が増えそうな業者の関連株も上昇
しており、期待はかなり高まっているといえるでしょう。
法案を成立させて法整備をし、2020年東京オリンピックに間に合わせたいという意向もあるようなので、今後の
動向からは、目を離せませんね。

 

カジノを実際にやるには、海外へ行く必要がありますが、手軽に試す方法にオンラインカジノというものがあり
ます。
一度自分で触れてみるのもいいかもしれませんね。

 

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法