オンラインカジノで安全性を確保するための知識

オンラインカジノの安全性を確保する

 

安全にネットカジノを始めるために確認すべき基礎知識について

オンラインカジノの安全性

ネット上のやり取りってだけでまずは警戒します。誰だって

「オンラインカジノって顔が見えないし、怪しい。。。」とか
「データでやり取りするんだから、好きなだけいじれるでしょう」とか。
私もそうでしたが、これからネットを通じたお金のやり取りをする時にはだれもが同じことを思います。
これはネットカジノに限ったことではないとお気づきですか?

 

 

「たとえば、クレジットカードをネットで入力するのが怖い」
「個人情報を入力するのがいやだ」
って言葉を同じではないですか?

 

インターネットという世界でこういった情報を入力することは大声で個人口座の暗証番号を言ってるようなものだと思いますよね。
この恐怖心は日本人特有らしいです。でも、正常な感覚ですから安心してください。
大事なことは、世界レベルでは普通だってことです。ネット上でやりとりすること、それをカバーするためのセキュリティも。
信用性や安全性については後で詳しくお話したいと思いますが、まず大前提としてこうゆう世界だってことを理解することから始めないといけません。
この感覚にどうしてもなじめないって人はネットカジノだけではなく、インターネットショッピングも含めて辞めた方がいいでしょう。

 

経験者の意見で感じる安全なハウスと危険なハウスの違い

まずもって、ギャンブルの世界には「インチキ」前提の人、「ビジネス」にしようと努力する人の2つがいます。
オンラインカジノの世界でも同様です。※当サイトでは私を始め、運営者チームが実際に使っているところを中心に紹介していますから多少は安心していいと思います。

 

まだ経験が浅い人は、「ライセンス」の認可があるハウスを選ぶことをまず大事にしてください。
また、ECOGRAのような第三者機関がチェックしているようなハウスもまず安心していいでしょう。もしそういったハウスとトラブルがあったらECOGRAが介入してくれますし。
あとは、以下のような情報は信用性を高めるひとつの指標として確認するといいでしょう。

  • 歴史のあるオンラインカジノ
  • 上場している企業
  • リアル店舗を持っている
  • 各国のユーザー向けにサイトを構築している企業努力を惜しまない※わかりやすく日本語対応がいいとか。

 

ここまで読まれると少し不思議に感じたかもしれません。
海外ではカジノというビジネスが一般的なんです。日本は一部の人しか運営できないなんだかいかがわしいイメージのものですが。
たとえば、マイクロゲーミングというソフト会社は「Sony」と共同で開発をしていたり、ラドブロークカジノというハウスは有名なヒルトンホテルが経営しています。

 

かなり色々な場所が監視しているカジノの世界

さて、オンラインカジノはそもそも国からの認証(ライセンス)が必要だという話をしましたが、
それだけではなく、様々な団体が第三者の立場からネットカジノを監視しているのです。

 

Internet Gaming Commission 会計係、SE、PG等システムや数字に強く、実際に経験を積んだユーザーや統計家等のスタッフがオンラインカジノを監視しています。
Interactive Gaming Council プレイヤーの保護からギャンブル依存症まで様々なオンラインカジノに関する情報・意見を議会に提出しています。
Casinomeister 自分達の厳密な規定を持っており、これらの基準に満たないカジノ業者を許しません。常に最新の悪質カジノ情報がみれます

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法