オンラインカジノは合法なのか、それとも違法なのか?根拠法を基に紹介します

オンラインカジノは合法なのか

 

オンラインカジノをやるかやめるか!しっかり考える

オンラインカジノは合法

まず、合法か違法かという観点から説明を進めることにします。
当サイトで紹介しているオンラインカジノの運営ハウスはほぼすべてが
それらの自治体等から運営許可証をうけて合法的なものです。
よって、それら国からすれば合法です。

 

問題は日本人がそれら国ではなく日本にいながらインターネットを通じて
賭け事をするという行為が賭博罪にあたるかどうかと、場合によっては逮捕の
リスクがあるのか。という問題です。

 

これについては結論から先に申し上げるとグレーゾーンです。
決して白ではないし、黒でもない。いつどうなるかも不透明なことだという意味です。
回答として正確なことは法律家ではないので差し控えますが現状としては
そういった扱いになっています。

 

一応、根拠法として検討できることを参照しながら
説明を加えていきましょう。

 

賭博罪等のギャンブル関連の罪は基本的に対向犯に分類されるものです。
簡単にいうと、罪として定義するのはユーザーだけではなく、胴元の両方を
捕まえる必要があるのです。

 

日本で参加しているユーザーはできても、海外で合法とされるハウス側を
検挙することは正直かなり難しいと考えてもいいのではないでしょうか。

 

また、そもそもインターネットでは改ざん等のリスクもあり
オンラインカジノに参加した根拠を集める作業がかなり大変です。
もしそれらを集めたとしても、上記のようなハードルを越えることが難しい。。。
としたら、これらの行為ではなく他の捜査に集中した方がいいと考えるのではないかと個人的には思います。

 

こういった状況を整理すると、合法とは言えないにしても
それらを黒と定義する作業が難しいため、グレーゾーンになったということです。

 

ただ、一方では違法と定義することに対して積極的な専門家もいます。
ただし上記に対する具体的な解決策を提示しているわけではなく理論的な話ですが。

 

現在、私の知る限りでは日本でオンラインカジノに参加しているユーザーは数十万ではないかと思います。それなりの数字になっているが摘発等のニュースを見たことはまだありません。
現状はそうかもしれませんが、ただ逮捕という結果になっていないだけという可能性ももちろあります。私としてはここからさきの判断はあくまで個人の判断だと考えています。

 

このサイトではオンラインカジノの紹介はしています。
しかし、それらを強制するものではありませんし、どう活用するかはあなた次第です。

 

ただ一言だけ加えると。

 

私と同じようにオンラインカジノに対して何かしらのビジョンをあなたが持ったのだとしたら、真剣に検討をしてほしい。
最後に補足情報として少し追加していきたいと思います。

 

あとで詳細は説明しますが、自宅で海外のオンラインカジノを利用した行為はグレーゾーンとしていると説明しましたが、ネットカフェ等のいわゆるインカジ利用によるオンラインカジノについては摘発者が続出しています。それぞれは一見すると同じ行為のように思われがちですが、全然違います。

 

インカジの場合は国内で一連の流れ(現金精算)が成立していることが大きな違いです。
その結果賭博が成立しているとみなされるのだと思います。
東京等の都心でよくみかけますが、かなり違法性がたかく摘発事例もある行為です。
これらインカジはおすすめできません。

 

<インカジの摘発ニュース>

ネット賭博:2被告に追徴金計1億円--地裁判決 /京都
京都市と名古屋市のインターネットカジノ店でフィリピンのサーバーを使った常習賭博罪に問われた二名の判決が17日、京都地裁であった。三輪篤志裁判官は「事業として長期間にわたり、組織的かつ職業的な犯行。売り上げは巨額で刑事責任は重い」として、いずれも懲役2年・執行猶予5年と追徴金計1億139万円(いずれも求刑・懲役2年と追徴金計1億484万円)を言い渡した。

 

判決によると、2人は仲間と共謀。05年6月~06年2月に中京区の「ゴールドラッシュ」、05年7月~06年2月に名古屋市の「オンリーワン」で、フィリピンのカジノが配信する「バカラ」などで客に1ポイントを100円で購入させて賭けさせ、退店時に残ったポイントの換金に応じた。三輪裁判官は「ポイントを現金の代用物として賭けさせ、賭博は明らか」と指摘する一方、「今後はこの種の不法事業にかかわらないと誓約した」などと情状を酌量した。

 

毎日新聞より引用

 

<参考までにギャンブルや賭博に関する根拠法>

(賭博)
第百八十五条 賭博をしたものは、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りではない。

 

(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第百八十六条 常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以下五年以上の懲役に処する。

今月のおすすめカジノ


 
カジノ入門 入金出金方法 カジノ一覧 必勝・攻略法